美白美容液 おすすめ

MENU

美白美容液の売れ筋人気商品をランキングで紹介!有効成分の効果や塗るタイミングなど効果的な使い方を紹介します。

美白美容液は文字通り美白成分が入った美容液ですが、肌の悩みによって効果的な美白有効成分が異なりますので入ってる成分をよく確認して購入しましょう。

美白成分としてオールマイティな効果で優秀な成分ビタミンC誘導体が入っている美白美容液ならメラニンの生成を抑制したりメラニン色素を還元作用で薄くもできるのでおすすめです。

 

また、美白化粧水や美白クリームにビタミンC誘導体を配合しているものを使う場合は、アルブチン配合の美白美容液やカモミラET配合の美白美容液など別の美白成分が入ったタイプを使用するとメラニンへのアプローチの仕方が増えてより美白効果が期待できます。特に出来てしまったシミを消したい時はハイドロキノンが有効ですので、美容液のあとに使う美白クリームにハイドロキノン配合を使うとさらにシミを消す効果がアップします。

 

 

人気の美白美容液おすすめランキング

 

サエル美白美容液

ディセンシアサエル 薬用美白美容液の特徴

敏感肌用スキンケアで定評のあるディセンシアの薬用美白美容液「サエルホワイトニング エッセンス クリアリスト」は肌のシミ、くすみに徹底的にアプローチした人気の美白美容液です。
メラニンを黒くしない・作らせないディセンシアオリジナルの「ダブルメラノブロッカー処方」で白い肌へ導いてくれます。

価格 トライアル:1,480円
評価 評価5
備考 単品価格:税込7,020円
内容量:30ml
送料無料
30日以内返金保証
ディセンシアサエル 薬用美白美容液の配合成分

  • アルブチン(チロシナーゼ活性抑制)
  • ムrサキシキブエキス(メラニンへの酸化反応抑制)
  • エクスレシド(チロシナーゼ生成抑制)
  • デイリリー花発酵液(黒色メラニン生成抑制)

 
 

アスタリフト美白美容液

アスタリフトホワイト エッセンス インフィルトの特徴

2016年3月1日新発売のアスタリフトホワイトの薬用美白美容液です。
フジフイルムのナノ技術でしっかり届く美白美容液!美白有効成分ビタミンC湯導体やお肌のハリをサポートするアスタキサンチン配合が特徴。

価格 トライアル:1,000円
評価 評価4
備考 単品価格:税込 7,560円
内容量:30ml
送料無料
アスタリフトホワイト エッセンス インフィルトの配合成分

  • ビタミンC誘導体
  • アスタキサンチン
  • ナノAMA
  • 3種のコラーゲン
  • ナノオリザノール 他

 
 

ビーグレン Cセラム

ビーグレン 高濃度ビタミンC美容液 Cセラムの特徴

ビーグレンのビタミンC美容液Cセラムは、肌の悩み別スキンケアセットのすべてのラインに入っている超人気で効果が高い美容液です。
ビタミンCは美白効果はもちろんのこと、シワやたるみの対策にも効果的なので、シミが気になる年代の方にはピッタリの美容液です。

価格 トライアル:税込 1,944円
評価 評価4
備考 単品価格:税込 5,076円
内容量:15ml
送料無料
ビーグレン 高濃度ビタミンC美容液 Cセラムの配合成分

  • ピュアビタミンC(アスコルビン酸)
お肌に浸透しにくいビタミンCを誘導体として加工するのではなく、ピュアな状態のそのままのビタミンCを独自の技術でお肌に浸透させることができるので、ビタミンCの効果はとても高くて人気です。

 

 

 

 

美白美容液におすすめの成分は使う美白クリームの成分とトータルで考える

美白スキンケアは美容液(エッセンス)と美白クリームがとても重要で洗顔料や化粧水はそれほど気をつかわなくて良いくらいです。美白ケアをしっかり行うのであれば、2種類以上の美白成分を美白美容液と美白クリームで補うようにすると効果的です。

 

まだシミが気になるほどではないけど全体的に肌を白くしたい方、シミ予備軍、隠れジミのケアをしてシミができないようにしたい方は・・

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • t-AMCHA(ティーアムチャ)

などのメラニンの生成をブロックするタイプの美白成分を2種類以上なるように美白美容液と美白クリームをチョイスします。

 

 

すでにシミができてしまってシミを消すケアをしながら、メラニン対策も同時に行いたい方は・・
上記の美白成分+ハイドロキノンをぜひ試してください。特にアルブチンはハイドロキノン誘導体とも呼ばれているのでハイドロキノンとの相性も抜群です。

 

シミを消す美白化粧品を選ぶのでしたら、「ビタミンC+アルブチン+ハイドロキノン」の組み合わせが最強です。

 

 

 

美白美容液はいつつける?塗る順番とタイミング

美容液を塗るタイミングは基本的な場合は化粧水の後に使うことが多いですが、美容液によっては化粧水の前に使用するタイプもありますので、メーカーのスキンケア手順を確認してそれに従うのが正解です。

 

基本的なスキンケアの手順

朝のスキンケア
  1. 洗顔(洗う)
  2. 化粧水(水分を満たす)
  3. 美容液(美容成分を補う)
  4. 乳液orクリーム(美容成分を補い保護する)
  5. UVケア(紫外線から守る)

 

 

夜のスキンケア
  1. クレンジング(メイクを落とす)
  2. 洗顔(洗う)
  3. 化粧水(水分を満たす)
  4. 美容液(美容成分を補う)
  5. 乳液orクリーム(美容成分を補い保護する)

 

普段メイクをしない方はクレンジングは不要です。

 

美白美容液はたっぷり規定量を使ってこそ効果がです!

美白美容液は化粧水や洗顔料に比べるととても値段が高いです。内容量も化粧水に比べたら少な目で使うのがもったいないと思ってしまう方も多いことでしょう。

 

しかし、美白美容液の使用説明書に書いてある規定の量をしっかり使ってこそ美白成分の効果が発揮されるので、少量で伸ばして使うのはおすすめできません。

 

せっかく効果が期待できる美白美容液でも美白有効成分がお肌に充分届かなければ、メラニンの生成を阻害したりメラニン色素を白くしたりといった効果がみられないまま美容液の量だけが少しずつ減っていくことになります。これは逆に非常にもったいないことです。

 

お肌のすみずみまで、角層のすみずみまで美白成分が届いてこその美白スキンケアです。
高価な美容液で使うのがもったいないとケチっているほうがよほどもったいないことになりますので、美容液は自分の肌へのご褒美と思って大胆に使って美白をめざしましょう!

 

美白美容液ランキングに戻る

 

 

美白化粧品 おすすめランキング - TOPページへ

美白美容液のおすすめランキング!シミやくすみに効果的な使い方記事一覧

美白美容液をコスパで選んではいけない理由とは?美白美容液は美容成分が濃縮されているからより品質の良いものを美白美容液をはじめ保湿美容液や目元美容液などには化粧水と違って狙った美容効果を得るために美容成分が濃縮されています。美容液は化粧水にくらべて容器が小さいものが多いのは密度が濃い証拠でもあります。美白美容液であれば、ビタミンC誘導体やアルブチンなどが高密度で配合されているのでより高品質で安心でき...

美白美容液の効果がない理由とは?美白美容液で毎日スキンケアをしているのに効果が感じられないと思う理由はいくつかあります。よくある理由はこちらです。肌の変化が現れるまで十分な期間使っていないどんな高価な美白美容液を使っても、お肌は急には変化しません。お肌が生まれ変わっていく目安にターンオーバーの周期があります。ターンオーバーはおよそ28日周期といわれていますので、最低でも約1か月は待たないといけませ...