美白クリーム 日焼け後

MENU

日焼け後におすすめの美白クリームの成分の働き

日焼け止めを塗っていても、いつのまにか汗で流れてしまっていて気が付いたら顔が真っ赤に日焼けしていた!なんてことが起きてしまったら・・・
そのまま放置していると、お肌の中でメラニンをたくさん作り出す指令がメラノサイトという色素細胞に伝達し、メラニンの元となるチロシンやチロシナーゼ酵素が活発になります。

 

しばらくするとチロシンとチロシナーゼ酵素が反応して合体し、メラニンが作られて角質層に沈着し肌が黒くなっていきます。ここでメラニンを過剰に作らせないためにおすすめの美白有効成分をお肌に届けることで日焼け後の色素沈着を最小限に食い止めましょう。

 

日焼け後の肌におすすめの美白有効成分

日焼けした後の肌に特に効果的な美白有効成分は、メラニンを作り出す指令をメラノサイトに届くことを抑制する働きのある成分とメラニンの元となるチロシン、チロシナーゼ酵素の働きを阻害する成分です。

 

メラニンを作り出す指令を抑制する成分

メラニンの生成を促す情報伝達物質のエンドセリン、メラノサイト刺激ホルモン(MSH)プロスタグランジンなどがメラノサイトに届きにくくする美白成分

  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • トラネキサム酸セチル塩酸塩(TXC)
  • t-AMCHA(ティーアムチャ)

など

 

 

メラニンの元となるチロシン、チロシナーゼ酵素の働きを阻害する成分

チロシンとチロシナーゼの融合やチロシナーゼ酵素の働きを阻害したり、チロシナーゼ酵素を分解するなどの働きでメラニンの生成を抑えます。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • エラグ酸
  • プラセンタエキス
  • 油溶性甘草エキス
  • リノール酸

など

 

これらの美白有効成分の配合された美白クリームで日焼け後のケアを行うことで、日焼け後の色素沈着を最小限に抑えることが可能です。

特にビタミンC誘導体はチロシンとチロシナーゼ酵素が反応して合体してメラニン色素が作られたあとに、そのメラニン色素に作用し還元作用でもとの無色の状態に戻す働きもあるので、美白ケアには外せない大事な美白成分です。

 

 

日焼け後におすすめの美白クリームはビタミンC誘導体配合を選ぼう!

日焼け後のお肌におすすめの美白成分のうち、美白効果が多岐にわたりもっとも多く使われているビタミンC誘導体はまず外せません。美白クリームは美白する目的によって選ぶ成分が変わってきますが、どのような悩みでもまずビタミンC配合を基準に選ぶと失敗しません。

 

美白へのアプローチが異なる美白成分と合わせて使うことでさらに美白効果が高まります。

ビタミンC誘導体+アルブチンやトラネキサム酸、プラセンタエキスなどの他、化粧品メーカー独自の美白成分もありますのでメーカーの商品販売サイトや商品説明をよく見て選んでください。

 

日焼け後におすすめの美白クリームはこちらで1位の美白クリームです。

美白クリームおすすめランキング

 

 

 

関連ページ

敏感肌におすすめの美白クリーム
敏感肌でもヒリヒリしないおすすめの美白クリームがあります!スキンケアで肌荒れしてしまう方でも安心して美白ケアができます。
シミを消す美白クリーム
今あるしみ、出来てしまったシミを消すためにスキンケアで使いたい美白クリームのおすすめはこちら!