美白化粧品 成分

MENU

美白化粧品の美白成分の種類

美白化粧品に配合されている美白成分は実に様々あります。
厚生労働省認可の美白成分、認可外でも美白化粧品によく使われる成分もあり、美白成分の種類はかなりたくさんあります。またそれぞれの成分の特徴も異なります。

 

 

美白成分は紫外線を浴びることによってつくられるメラニン色素や、外部刺激により作られるメラニン色素、またホルモンバランスの乱れによってつくられるメラニン色素それぞれ効果を発揮する得意分野があります。また、メラニンは肌の中で作られる間にいろいろな段階を踏んで黒くなっていくのですが、どの段階のどこに作用してメラニンの生成を抑制すのかなどの違いもあり、実にたくさんの効果があります。

 

厚生労働省認可の美白有効成分

厚生労働省により「メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ」という効能を認められた美白成分のことをいいます。種類だけでなく、化粧品に配合する量も決められていて、配合量を変更するには個別に厚労省に再度申請が必要になります。

 

厚生労働省認可の美白有効成分は化粧品会社が独自に開発した美白成分を含めると約20種類程度あります。厚生労働省に認可されたものは、化粧品に「医薬部外品」や「薬用」と表示することができます。

厚生労働省認可の美白成分一覧

 

厚生労働省認可外の美白有効成分

厚生労働省に認可されていない美白成分も多くの化粧品に配合されて美白化粧品として販売されています。美白効果はあるものの厚労省の認可を取得していない成分ですが、化粧品への配合が認められている成分です。
「医薬部外品」や「薬用」と表示することができませんが各化粧品メーカーで開発されて効果が確認されて配合されているものがほとんどですので、厚生労働省が認可していないからといって美白効果が低いわけではありません。

 

厚生労働省に認可されていない美白成分として有名な成分の一つに「ハイドロキノン」があります。ハイドロキノンはできてしまったシミを薄くする効果としては、一番と言われています。

 

ハイドロキノンはかつて皮膚科医が処方するシミ用のクリームに配合されていた成分で、当時は化粧品への配合が認められていませんでしたが、うれしいことに現在では化粧品への配合が認められています。当サイトでも「できてしまったシミの対策用」の美白化粧品として、ビーグレン化粧品とアンプルール化粧品を取りあげていますが、どちらも美白クリームや美白美容液にハイドロキノンを配合しています。

 

お肌に出来てしまったシミを消す対策にはハイドロキノンが一番有効な成分ですので、シミ対策をしたいとお考えの方は、ハイドロキノン配合化粧品を一度試してみてはいかがでしょうか?

 

*美白成分として厚生労働省に認可してもらうためには、非常にハードルが高く許可が出るまで10年以上もかかると言われています。

 

美白成分にはそれぞれ働き方やメラニンへのアプローチが異なり、お肌の状態やシミの種類などによって効果的な成分が若干違うため適した美白成分を使用することが美白への近道となります。

 

 

美白化粧品 おすすめ ランキング

知らないと損する美白化粧品の成分まとめ記事一覧

厚生労働省認可の美白成分の効果や働き厚生労働省認可の美白成分は約20種類以上ありますが、美白化粧品によく使われている代表的な美白成分の効果や働きを紹介します。ビタミンC誘導体肌に吸収されにくいビタミンCを吸収されやすいようにした成分。抗酸化作用や皮膚のコラーゲン、エラスチンなどを増やす細胞を活性化する効果もあり、美白だけでなくニキビケアやエイジングケア化粧品などに広く配合される美肌万能成分です。美...

美白ケアの基本!メラニンの生成を抑える成分肌は紫外線を浴びたり炎症を起こすほどの刺激を受けるとメラニンを作ります。これは肌の中の細胞を防衛するための機能で本来は正常な働きです。しかし、年齢を重ねるうちにメラニンの生成が過剰になったり作られたメラニン色素をうまく排出できなくなって肌にシミとして定着してしまうようになります。一度定着してしまうとなかなか取れないのがシミなので、このシミを作らないように過...

出来てしまったシミを消す美白成分とは?肌にできたシミは角質にたまったメラニン色素の集まりです。この肌にシミとなってあらわれたメラニン色素を消す(淡色化)する働きのある美白成分があります。その美白成分を配合した美白化粧品でスキンケアを行うことや、肌の生まれかわり(ターンオーバー)によってメラニンを角質ごと排出するという方法でシミを消すことができます。シミを消す美白成分「ハイドロキノン」と「ビタミンC...