美白洗顔料 おすすめ

MENU

美白効果がある洗顔料を使うべき!?美白におすすめの洗顔料はシンプルでOK!

美白洗顔を使って肌を白くしたいと思う方も多いと思います。

 

美白効果をうたっている洗顔料に、美白成分配合や保湿美容成分配合などと書いてある洗顔料もよく見かけますが、実際は洗い流してしまうためほとんど意味はありません。

 

洗顔料の目的は顔の表面についた汚れや皮脂、毛穴に詰まったメイク汚れ、皮脂、古い角質しっかり落とすことと洗顔後に美白成分の入った化粧水や美容液が浸透しやすい肌の状態を作ってあげることです。

 

 

美白が目的であれば、洗顔料は毛穴の奥まで皮脂やメイクの汚れをしっかり落とせるタイプを選ぶのが正解。

 

プラスアルファのケアとして、週に一度や2週間に1回程度のピーリングを行うと角質を取ることができるので、ターンオーバーを促して角質と一緒にメラニンも剥がし取ることができます。

 

美白ケアのための洗顔料選びは、洗顔料本来の目的である「洗う」ことがしっかりできるシンプルな洗顔料がおすすめ!

 

 

美白成分を浸透させるための正しい洗顔方法

泡立てて使うタイプの洗顔料と泡立たないタイプのクリーム状の洗顔料では洗顔方法が異なります。

 

モコモコ泡立てて使う洗顔料を使った洗顔方法

  1. 体温よりすこし低い温度(30℃程度)のぬるま湯で軽く洗顔する。
  2. 洗顔料を十分泡立てて片手いっぱいに乗るくらいの泡を作ります。泡立てネットを使うと簡単に泡立ちます。
  3. 顔のTゾーンに泡をのせ、続いてUゾーン、頬、目元と順番に泡をのせていきます。泡が顔の皮膚に触れるだけで大丈夫です。手のひらや指で皮膚をこする必要はありません。洗顔料の泡や界面活性剤が汚れを吸着するので、ゴシゴシこすらなくても皮脂や汚れは落とせます。
  4. 泡をのせたら30秒〜40秒程度そのままにしてからぬるま湯を手でかけるようにして泡を落としていきます。このときも手で顔を触らないくらいの感覚でぬるま湯だけが顔に触れて泡だけを洗い流すイメージで行ってください。
  5. 清潔な乾いたタオルを顔に押し当てるようにして水分を吸い取って洗顔は終わりです。

 

 

泡立たないクリーム状の洗顔料を使った洗顔方法

  1. 体温より低い温度(30℃程度)のぬるま湯で軽く洗顔する。
  2. 濡らした手にクリーム状の洗顔料を適量(製品による)取り、手のひらでなじませます。
  3. そのままTゾーンからUゾーン、頬、目元の順に洗顔料で顔をマッサージするように塗っていきます。
  4. 顔に洗顔料をのせたら30秒〜40秒(合成界面活性剤が入っていない場合はそのまましばらく顔パックのようにしていても良い)たってからぬるま湯で洗い流します。
  5. 最後にタオルで水分を吸い取って洗顔終了です。

 

洗顔料を使って洗顔する場合は、洗顔料が持つ汚れ落とし効果だけで十分皮脂や汚れが落とせるので、顔を手のひらでゴシゴシこする必要はありません。

 

洗顔後の肌は油分が抜けて肌表面の水分が蒸発しやすい状態であると同時に、美白成分や美容成分が浸透しやすい状態になっているので、素早く美白化粧水、美白美容液で美白成分を肌に浸透させてあげましょう。

 

 

美白ケアにおすすめの洗顔料は天然の泥クレイを使った洗顔料

お肌を美白したい方に限らず洗顔料選びの基本は毛穴に詰まったメイク汚れや皮脂汚れなどをしっかり落とせる洗顔料です。

 

洗顔料を汚れ落ちだけで選ぶのであれば、メイクも落とせる洗顔料などドラッグストアなどで購入できるプチプラな洗顔フォームなどが人気ですが、安価で汚れ落ちが良い洗顔料はとても強い合成界面活性剤を使用している場合がほとんどです。

 

合成界面活性剤は、落ちにくいメイクの油汚れも一気に水となじませて溶かして落とすイメージで確かにスッキリ落とせます。

 

しかしお肌を守るために必要な皮脂も根こそぎ落としてしまうため顔がつっぱったり異常に乾燥してしまったりするのです。

 

洗顔によるお肌の乾燥を防ぐために洗顔料には本来必要ない保湿成分や油分を配合して使用感を高めているのです。

 

メイクもしっかり落とせるのに洗い上がりしっとり!なんていうプチプラな洗顔料には気を付けましょう。

 

おすすめの洗顔料は合成界面活性剤不使用の洗顔料

洗顔料を汚れ落ちの良さで選ぶということに関していえば合成界面活性剤の入った洗顔料は優れていますが、肌への刺激が強すぎて心配です。

 

そこで、汚れ落ちの良さを保ちながら肌にやさしい洗顔料の材料として注目されているのが「泥」を使った洗顔料です。

 

クレイ洗顔と呼ばれる洗顔料の原料となる天然の泥は、海底の泥や火山灰のようなタイプ、粘土質のベントナイト、モンモリロナイトなどが洗顔料によく使われる原料です。

このようなせ顔料に使用される「泥」の特徴は、磁石のS極とN極がくっつくように、天然の泥の持つイオンが皮脂やメイクなどの油汚れや古い角質などを吸着して水と一緒に洗い流してくれる効果があります。

 

化学物質で水と油を混ざりやすくして汚れを剥がし取るのとは違って、泥による洗顔は肌に負担をかけずに油汚れをも洗い流してくれる優れた洗顔効果が特徴です。

 

天然のクレイを使った美白ケアにおすすの洗顔料のおすすめ

ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレンのクレイウォッシュは天然のクレイ「モンモリロナイト」が入ったクレイ洗顔料です。
泡立てないクリーム状の洗顔料なので、初めて使う方は「アワアワ洗顔」と全然違う使い心地で最初は違和感があるかもしれませが、しばらく使っていると汚れは落ちているのにこの潤いはなに!?って思うようになります。

 

ビーグレンの販売サイトや@コスメにある口コミでも人気が高い洗顔料です。

クレイウォッシュは美白化粧品のトライアルセットにも入っているので、ビーグレンが気になってる方は一石二鳥でお試しできます。

クレイ洗顔も試せる!ビーグレンのトライアルセットはこちら!

 

 

 

美白化粧品のおすすめ - TOPへ

美白洗顔料のおすすめと正しい洗顔方法記事一覧

洗顔料の種類|美白ケアにおすすめの洗顔料はどのタイプ?洗顔料はいろいろなタイプがあるのでどれにしようか迷ってしまう方も多いのでは?美白ケア用やニキビケア用など様々ありますが、洗顔料は用途で選ぶよりも汚れ落ちと肌へのやさしさで選ぶのが正解です!美白ケアで唯一避けたほうが良いのは、洗顔後に使用する美白化粧品の美白成分の浸透を妨げる可能性が高い、油分を残すタイプの洗顔料です。洗顔だけで肌が潤う!といった...

プチプラの洗顔料を美白ケアにおすすめしない理由とは?プチプラ洗顔料のすべてをおすすめしないわけではありませんが、汚れ落ちがよく洗い上がりも突っ張らないといった良いこと尽くめの洗顔料の多くは、価格を抑えて作れる合成界面活性剤をたくさん使用しているものが多いことがあまりおすすめしない理由です。同じプチプラの洗顔料でも石けん素地が主成分の固形石鹸なら大丈夫です。固形石鹸で洗顔すると顔の皮膚が突っ張る感じ...