シミを消す美白化粧品

MENU

シミを消す美白成分はメラニンを還元作用で無色化する成分を選びましょう

美白化粧品の成分は大きくわけて、メラニンの生成を抑える効果と黒くなってしまったメラニン色素を還元してもとの無色の状態に戻す効果のある成分があります。

 

メラニンの生成を抑える成分を使用して美白ケアを行うと、これからできる未来のシミを防ぐことができますが、今あるシミには効果を発揮しません。しかし、黒くなったメラニンに直接効果を発揮する美白成分を併用すれば、今あるシミも未来のシミ(隠れジミやシミ予備軍)も対策することができます。

 

出来てしまったシミをいち早く消したい場合は、シミ予防ケアと黒色メラニンケアを同時に行うことが必要です。

 

シミを消すための効果を発揮する成分で代表的なものは2種類。
ハイドロキノンとビタミンC(ビタミンC誘導体)です。よりシミを消す効果が高いのがハイドロキノンです。
ビタミンCはシミを薄くする効果に関してはハイドロキノンには劣りますが、メラニンの生成を抑制する働きもあるため、シミ予備軍の対策にもおすすめです。

 

シミを少しで早く消したいならハイドロキノン

今あるシミを1日でも早く消したい!と考えているなら迷わずハイドロキノン配合の美白化粧品を選んでください。ただし、人によっては刺激に感じる方もいらっしゃいますので、お肌が敏感な方など心配な方は、まずは少量で試してパッチテストを行ってみて刺激の有無を確認してからのほうがよいでしょう。

 

美白化粧品に配合されているハイドロキノンは、効果を落とさず刺激を感じないほどに濃度を下げる工夫をしていたりしますので、よほどの敏感肌でなければ安心していいでしょう。ハイドロキノン配合の美白化粧品はどうしても不安な方のためにトライアルセットを準備しているメーカーが多いので、まず低価格のトライアルセットで試してみるといいでしょう。

 

今あるシミの対策をしながらこれからお肌に現れる隠れジミやシミ予備軍と言われているシミの元も一緒にケアすることで、シミを徐々に減らしていくことができます。そのためには、ハイドロキノンだけではなく、メラニンの生成も抑えることができるビタミンCを合わせて使うことが一番です。

 

 

ハイドロキノンとビタミンC配合の美白化粧品

 

ハイドロキノンとビタミンCの両方の優れた美白成分を配合していて口コミでも定評があり、人気の美白化粧品といえばビーグレンの美白化粧品です。

 

ビーグレンの美白

 

ビーグレンの美白化粧品をおすすめする理由

ビーグレンの美白おすすめの理由

  • ハイドロキノンを1.9%という低い濃度で配合しているにもかかわらず、その効果を最大限に引き出すナノ技術「QuSome」でお肌に直接届けることができる!
  • ビタミンCを誘導体に変えることなく直接お肌の奥に届けることができるので、ビタミンC本来の効果を発揮できる
  • ビーグレン化粧品の全商品が365日以内なら返金保証の対象!しかも全部使い切って十分試した後でも、肌に合わない、使いごこちが良くないなど気に入らなければ全額返金してくれる!

 

シミを少しでも早く消したい方におすすの美白成分「ハイドロキノン」も「ビタミンC」も配合されているビーグレンの美白で今から徹底的にシミケアを行いましょう!

ビーグレンの美白化粧品

お得なお試しセットはこちら!

ビーグレンの美白化粧品の購入はこちら

 

 

美白化粧品 おすすめ

シミを消す美白化粧品は美白成分が大事!記事一覧

老人性色素斑を消す方法と美白成分老人性色素斑(老人性シミ)とは?老人性色素斑(老人性シミ)は若いころから浴び続けてきた紫外線の量が多いほどできやすいシミで、長年蓄積されてきたお肌への紫外線を浴びた記憶によってシミのできやすさやシミの数が多くなります。日光性色素斑や日光性黒子とも呼ばれます。老人性という名前がついていますが、早い人で30代でシミができる場合があります。紫外線を浴びた量や体質でシミがで...

肝斑のシミを消す方法肝斑のシミを消す方法で一番効果的な方法はトラネキサム酸の服用によるメラニン生成を抑制する方法です。ビタミンC、ビタミンEも同時に服用すると効果が高まるといわれています。肝斑のシミができやすい人やトラネキサム酸が肝斑に効くしくみなど詳しく解説していきます。肝斑とはどのようなシミでなぜできるの?肝斑のシミの特徴は頬骨の周辺に左右対称にできるモヤモヤしたシミで広範囲に広がってできるこ...

炎症性色素沈着のシミの原因炎症性色素沈着のシミは皮膚が弱い人や敏感肌の方にできやすいシミで、強すぎる洗顔やクレンジングであったり、産毛剃りのカミソリの刺激であったり、肌に合わないスキンケア化粧品を使っていることでもシミができてしまうことがあります。肌がそれほど弱くなくても虫に刺されたところを掻きむしったり、ニキビが治った後にできるニキビ跡によっても色素沈着をおこし炎症性のシミができてしまいます。<...

花弁状色素斑のシミは治りにくい!花弁状色素斑のシミができやすい人は欧米人などでもともと肌の色が白い人や日本人でも色白の人にできやすい紫外線によるシミで、海水浴などで肩や背中の皮がむけるほど強烈な日焼けをすると後々花弁のような跡が残ってしまいます。光線性花弁状色素斑とも呼ばれています。このようなひどい日焼けは花弁状色素斑になりやすい!花弁状色素斑は一度できてしまうとなかなか跡が消えないシミで、レーザ...