美白化粧水 効果

MENU

美白化粧水に入っていると効果的な美白成分や保湿成分

化粧水の目的は主に洗顔後に失った水分をお肌に届けることと、この後に使用する美白美容液や美白クリームの美白成分を肌の奥に届けやすくするためでもあります。

 

お風呂上りや洗顔後のお肌は、肌表面を覆っていた皮脂が洗い流されてるため、どんどん水分が蒸発していってしまいます。
保湿成分が入った化粧水を使うことで水分を補いながら潤いを保つことができます。
さらに美白成分が入った美白化粧水なら、同時に美白有効成分を角質のすみずみに行きわたらせることができるのでおすすめです。

化粧水と相性の良い美白成分は水溶性の成分

美白化粧水といっても目的は肌に水分を補うためのものなので、ほとんどが水分です。
ですから、保湿成分と美白成分は水溶性の成分がとても相性がよく、肌にも浸透しやすいのです。

 

美白化粧水に配合されているとおすすめの水溶性の美白成分や保湿成分
  • ビタミンC誘導体
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • グリセリン

 

これらの美白成分や保湿成分が入っている美白化粧水を選べば間違いありません。
基本的には、各ブランドの美白化粧品のラインにある化粧水、ローションを選べば外しません。

 

 

美白化粧水の効果的なつけ方

美白効果を最大限に引き出すために美白化粧水を使うために正しい化粧水の付け方を知っておきましょう。

 

お風呂上りまたは洗顔後はすぐに美白化粧水をつける!

お肌の水分を蒸発しないようにヴェールのように守っている皮脂が一番少ない状態にあるのが、洗顔後やお風呂上がりのお肌です。この時になるべく早く保湿成分や美白成分を含んだ化粧水を付けることがお肌を乾燥から守るために大切です。
具体的には洗顔後遅くとも1分以内にはたっぷりの化粧水で保湿しましょう。

美白化粧水はまず手でつける!必要に応じてコットンパックもあり!

肌に一番やさしい化粧水の付け方は、素手で化粧水をなじませるように付ける方法です。手で触りながら化粧水をなじませることでお肌の状態を手で感じ取ることもできます。ただし、こすったりパシパシ叩くようにして使うのはダメです。

美白化粧水を素手でなじませた後に細かい部分にも浸透させるならコットンパック

美白化粧水をたっぷりコットンに含ませてパックすると、美白成分や保湿成分をすみずみまで行きわたらせることができます。
夜、お風呂上りなどにコットンパックをしてリラックスするのもいいでしょう。

 

 

口コミでも評判の美白化粧水おすすめランキング

関連ページ

美白化粧水のコットンパック
美白化粧水を効果的に肌に浸透させたくてコットンパックを行う方法もありますが、逆効果になることもあるので注意が必要です。