メラニンの生成を抑える美白成分

MENU

美白ケアの基本!メラニンの生成を抑える成分

メラニンの生成を抑える美白成分と効果を発揮するポイントを解説!

 

成分によってメラニン生成のどの部分に働くかで効果の現れ方が変わってきます。

 

メラニンの生成を抑える

 

メラニン生成のための情報伝達物質が作られメラノサイトに届く

紫外線を浴びるとメラニン生成の指令ともいえるエンドセリン、プロスタグランジン、ホスホリパーゼなどの情報伝達物質が作られ、メラニン生成工場とも呼べるメラノサイトに届き、メラニン色素の生成が始まります。

 

メラニン生成の指令を防ぐ作用する美白成分
  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • t-AMCHA
  • TXC

 

 

メラノサイトがメラニンを作り始める

情報伝達物質に刺激されたメラノサイトは活性化し、チロシンというアミノ酸にチロシナーゼという酸化酵素が合体しメラニン色素が作られていきます。

 

メラニン生成を阻害する作用する美白成分

1.チロシナーゼの働きを抑えてメラニン生成を阻害

  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • 4MSK
  • リノール酸
  • マグノリグナン
  • ビタミンC
  • プラセンタエキス
  • 油溶性甘草エキス

 

2.チロシンとチロシナーゼの結合を防いてメラニン生成を阻害

  • アルブチン
  • ルシノール
  • ハイドロキノン

 

メラニン色素が表皮細胞へ受け渡される

メラノサイトで作られたメラニン色素は肌を守るために表皮細胞へと送られます。これがたまってくるとシミ予備軍、隠れジミと呼ばれるようになります。

 

メラニン色素が表皮へ受け渡す際に作用する美白成分

1.メラニン色素の表皮細胞への受け渡しを阻害

  • D−メラノ(ニコチン酸アミド)

2.メラニンを還元作用によりチロシンとチロシナーゼ合体前の無色の状態へ近づける

  • ビタミンC
  • ハイドロキノン

 

美白化粧品によく配合される成分

メラニンの生成を抑制する成分のうち、よく美白化粧品に配合されるものがあります。

 

  • ビタミンC
  • アルブチン

の2種類は多くの美白化粧品に配合されていますね。

 

ビタミンC誘導体とアルブチンの両方が配合されているのがフジフイルムのアスタリフトホワイトです。

 

 

その中でも、もっともよく配合される成分はビタミンCの類です。

 

ビタミンCやビタミンC誘導体、APPSなどとして配合されています。

 

 

ビタミンCやビタミンC誘導体は美白成分としての効果だけではなく、様々な美肌効果を発揮するため多くの美白スキンケアに採用されています。

 

メラニン色素が作られて表皮に受け渡されるまでのいろいろな段階で作用する美白成分があることがわかりました。
しかし、美白化粧品でメラニンの生成を抑えるということは、本来の紫外線からの防衛機能を低下させることにもなるので、紫外線対策は今まで以上に徹底することが必要です。

 

紫外線対策で肌に当たる紫外線量を減らしながらメラニン生成を抑える美白成分が入った美白化粧品でケアをするWの対策でより早く肌本来が持つ白さへ近づけることができます。

 

 

メラニンの生成を抑える効果のある成分を配合した美白化粧品

肌は紫外線を浴びたり炎症を起こすほどの刺激を受けるとメラニンを作ります。これは肌の中の細胞を防衛するための機能で本来は正常な働きです。

 

しかし、年齢を重ねるうちにメラニンの生成が過剰になったり作られたメラニン色素をうまく排出できなくなって肌にシミとして定着してしまうようになります。

 

一度定着してしまうとなかなか取れないのがシミなので、このシミを作らないように過剰なメラニンの生成を抑える成分を配合した美白化粧品が役立ちます。

 

中でもビタミンCはメラニン生成を抑える効果や黒色化したメラニンの色素をもとの無色の状態に戻す働きがあることから、とても多くの美白化粧品に採用されています。

 

メラニンの生成を抑えるためであれば、ビタミンC誘導体よりもビタミンCそのものを浸透させるほうが効果があります。

 

 

◎ピュアなビタミンCを効率よく浸透できる美容液ならビーグレンの「Cセラム」がおすすめ!

ビーグレンのCセラム

 

Cセラムはビーグレンのホワイトケアのトライアルセットに入っていますので、その効果をまずは試してみて!

 

ビーグレンのホワイトケアセットは、ハイドロキノンクリームも入っているので、今あるシミを消したい人に特におすすめです。

ビーグレンのCセラム

 

◎全部使い切っても返金保証の対象商品です!

 

*ビタミンCよりも強力にメラニン色素を無色化する効果がある美白成分「ハイドロキノン配合クリーム」もセットに入っていてお試しできます!

 

今あるシミや隠れシミが心配な方におすすめです。

 

 

 

メラニン生成にはプロセスがあり、どの段階で美白成分が働くかによって美白成分の作用が違ってきます。この美白成分のメラニン生成に対する作用の違いを知ることで、より効果的にメラニン対策ができる美白化粧品を選ぶ基準がわかるようになります。

 

 

メラニンの生成を抑える方法まとめ

シミを防ぐ・メラニンを防ぐプロセス

  1. 紫外線を防ぐ
  2. 紫外線を浴びた情報を伝える情報伝達物質を抑制する
  3. メラノサイトの活性化やメラニンの生成を抑える
  4. メラニンを表皮に受け渡すことを防ぐ
  5. 黒化したメラニンを無色に戻す
  6. 角層のメラニンを排出する

紫外線を浴びてからシミになるまでの様々な段階で効果を発揮する美白成分によってメラニンを予防できることがわかりました。

 

美白成分と一言で言っても、紫外線が肌に当たってから表皮にシミとして現れるまで様々なポイントで効果を発揮する美白成分がそれぞれ違うので、自分の肌を白くするためにはどの段階のメラニンに作用する美白成分が最も効果が高いのかを知ることで選ぶべき美白化粧品が決まってきます。

 

 

美白化粧品を選ぶポイントは美白成分だけではありません。

敏感肌用美白化粧品であったり、乾燥肌対策もできるように保湿成分の配合が充実していたりと美白成分プラスアルファの効果も加味して選ぶと、より満足度の高い毎日の美白スキンケアを続けることができます。

 

美白化粧品をはじめ、機能性が高いスキンケアを選ぶ際は、ブランド名やイメージだけでなんとなく使ってみるのではなく、しっかりと化粧品成分の効果やお肌に合わせて選んでください。

 

※おすすめはコレ

ビタミンCとハイドロキノンでダブルのメラニン生成を阻害効果と.メラニンを還元作用によりチロシンとチロシナーゼ合体前の無色の状態へ近づける効果でとことんメラニン生成を抑えるビーグレンのホワイトケアセット!

 

365日間返金保証のトライアルセットで試してみる

 

ビーグレンのホワイトケア

 

美白化粧品の成分まとめ

関連ページ

美白化粧品の医薬部外品成分
医薬部外品(薬用)美白化粧品は厚生労働省認可の美白成分が使われているので安心して使用できます。
シミを消す美白成分
年齢を重ねていくうちにできてしまったシミ、今あるシミを消したり薄くしたりできる美白成分とは?