洗顔料の種類

MENU

洗顔料の種類|美白ケアにおすすめの洗顔料はどのタイプ?

洗顔料泡立ち

洗顔料はいろいろなタイプがあるのでどれにしようか迷ってしまう方も多いのでは?美白ケア用やニキビケア用など様々ありますが、洗顔料は用途で選ぶよりも汚れ落ちと肌へのやさしさで選ぶのが正解です!

 

美白ケアで唯一避けたほうが良いのは、洗顔後に使用する美白化粧品の美白成分の浸透を妨げる可能性が高い、油分を残すタイプの洗顔料です。

 

洗顔だけで肌が潤う!といったことが書いてあるようなタイプの洗顔料は油分を多く含んでいて美白化粧水や美白美容液の美白有効成分が十分浸透しない可能性があるので注意してください。

 

ただし、美白化粧品のラインに入っている専用の洗顔料はこの限りではありません。

 

 

避けるべきタイプの洗顔料は、強力にメイクや皮脂を落とすことができる合成界面活性剤を使用しているものが多いです。

 

合成界面活性剤は少量であればそれほど気にしなくても大丈夫ですが、お肌への負担が大きいのでなるべく避けるようにしましょう。

 

洗顔料の種類と特徴について

  • 固形石鹸タイプ
  • 洗顔フォームタイプ
  • パウダータイプ
  • クリームタイプ
  • ムースタイプ(最初から泡状のタイプ)

 

固形石鹸タイプの洗顔料

一番シンプルな石鹸です。石けん素地でできているタイプで合成界面活性剤を使っていない固形石鹸ならどんな肌質の方でも使えるオールマイティな洗顔料です。

 

皮脂もよく落とせるので、特にこだわりが無ければおすすめの洗顔料です。

 

洗顔フォームタイプ

洗顔フォームタイプは成分や界面活性剤の種類が様々で、肌への負担も大きいものからそれほど強くないものまでいろいろあるので、肌が弱い方が使う際は合成界面活性剤が使われていないタイプを選ぶと安心です。

 

また、洗い上がりがしっとりする洗顔フォームは油分を多く含んでいる可能性が高いので、美白ケアやエイジングケアをしっかり行いたい方は避けた方が無難です。

 

パウダータイプの洗顔料

パウダータイプの洗顔料も洗顔フォームタイプと同様にいろいろなタイプがあります。
メーカーの成分表やパッケージをよく見て自分の肌に合うかどうかの確認をしてから購入するようにしてください。

 

クリームタイプの洗顔料

クリームタイプの泡立たない洗顔料はあまり見かけませんが、天然クレイ(泥)を主成分とした洗顔料は毛穴の中に詰まった皮脂や古い角質を吸着する性質があるのでおすすめです。肌の弱い方でも刺激が無くて安心して使える点でもおすすめです。

 

ムースタイプ(最初から泡状のタイプ)の洗顔料

最初から泡になって出てくるタイプの洗顔料は泡立ちをよくするための成分や合成界面活性剤を多く含んでいるものが多いので刺激が強めです。

 

汚れ落ちはとても良いですが、肌の弱い方や刺激によってシミができやすい方の美白ケアにはあまりおすすめしません。

 

 

美白ケアにおすすめの洗顔料

美白ケアにおすすめの洗顔料は毛穴ケアやニキビ洗顔でも人気の天然クレイを使った洗顔料です。

 

洗浄成分に天然クレイを使っている洗顔料ならお肌に負担をかけることなく、毛穴の中まで柔らかな細かい泥の粒子が入り込み皮脂やメイクなどの油汚れや毛穴に詰まった古い角質を吸い寄せて洗い流してくれます。

 

クレイ洗顔料はスクラブや研磨剤のような肌に摩擦をあたえて汚れを落とすわけではないのでとても肌にやさしい洗顔料です。

 

毛穴の中まですっきりさせることで、洗顔後に使う美白美容液や美白クリームに配合されている美白成分の浸透もよくなります。

 

 

泥を使った洗顔料には、モコモコ泡をたてて使う洗顔料やマッサージクリームのようなテクスチャーの泡を立てないタイプの洗顔料などいろいろな洗顔料がありますが、好みで選んでください。

 

 

 

美白洗顔料のおすすめと正しい洗顔方法

関連ページ

プチプラの美白洗顔
美白のための洗顔料は美白化粧品のラインに含まれる洗顔料がベストです。プチプラの洗顔料はおすすめしません。