炎症性色素沈着のシミを消す

MENU

炎症性色素沈着のシミの原因

炎症性色素沈着のシミは皮膚が弱い人や敏感肌の方にできやすいシミで、強すぎる洗顔やクレンジングであったり、産毛剃りのカミソリの刺激であったり、肌に合わないスキンケア化粧品を使っていることでもシミができてしまうことがあります。肌がそれほど弱くなくても虫に刺されたところを掻きむしったり、ニキビが治った後にできるニキビ跡によっても色素沈着をおこし炎症性のシミができてしまいます。

ニキビ跡のシミも炎症性色素沈着の原因

<ニキビ跡も炎症性色素沈着のシミになりやすい>

 

このように炎症性色素沈着のシミは原因が外部からの直接の刺激によって起こるので原因がわかりやすい反面、予防しやすいシミですが、ほかのシミのように消すまでに時間をを要してしまいます。

 

炎症性色素沈着のシミを消す方法と有効成分

炎症性色素沈着のシミもほかのシミと同じようにメラニンが過剰に生成されてできるシミです。外部刺激を肌が受けると炎症によって活性酸素が発生してメラノサイトという「メラニンを作る工場」が刺激されて必要以上にメラニンが作られてしまいます。

 

炎症性色素沈着のシミができてしまったら、抗炎症作用、抗酸化作用の強いビタミンCの入った化粧水やクリームでケアしたり、メラニン還元作用のあるハイドロキノン配合の美白化粧品でのスキンケアも有効です。また、食べ物やサプリメント、ビタミン剤などからビタミンCを摂取するのも早く炎症性色素沈着のシミを消すのに効果があります。

 

ニキビ跡などのなかなか治りにくい色素沈着の場合は、週に1回くらいの頻度でピーリング石鹸やフルーツ酸を使った自宅でできるマイルドピーリングをすることもおすすめです。ピーリング効果でターンオーバーを促して、新しい皮膚(角質)の生成を促したりメラニンの排出を早めることにつながります。

 

炎症性色素沈着の予防〜シミができやすい人がやってはいけないこと〜

炎症性色素沈着のシミができやすい人はお肌自体が弱いことが考えられます。普段気づかずにやってしまっている肌への負担を減らすことで炎症性のシミを予防することができます。

  • クレンジングによるメイク落としはソフトに手早く行う

    特に目の周りは皮膚が薄いので刺激をうけやすく刺激により目の下がくすむ原因になります。

  • 洗顔はやさしく!そしてタオルもゴシゴシしない!

    洗顔料を使った洗顔は肌をこする必要がありません。やさしく泡でマッサージするように洗うことと洗顔後の水分を取るときにはタオルはこすらず押さえるようにして水分を取るようにしてください。

  • ニキビができても触ったりして悪化させない

    ニキビは炎症がひどくなる前に治すこと。またニキビができないように普段から予防することが大切。

  • 肌に合わない化粧品は使わない

    いつも使っていた化粧品でもすこしでも刺激を感じるようになったら見直してください。また古くなった化粧品も成分が変化して肌の刺激になるので注意しましょう。

  • お肌を乾燥させないように保湿をしっかり!

    お肌の乾燥は肌のバリア機能の低下をおこし外部からの刺激を直接受けることにつながります。また乾燥肌はかゆみの原因になり、寝ている間に無意識に顔の皮膚を掻いてしまうこともあります。

 

 

炎症性色素沈着のシミ対策まとめ

  • 炎症性色素沈着のシミは原因がわかりやすいので、原因を突き止めて排除することで予防をしっかりする。
  • 色素沈着してしまったら、ビタミンC化粧水、ビタミンC美容液、ビタミンC配合クリームなどが入った美白化粧品を使ってスキンケアをする。
  • 外部刺激から守るためにお肌のバリア機能を高める保湿ケアをしっかり行う。

 

バリア機能のサポートと保湿がしっかりできて、ビタミンC誘導体を配合した炎症性色素沈着の対策にピッタリの美白化粧品があります!

 

バリア機能の回復とサポートそして美白ケアができるスキンケアといえばディセンシア サエルです。敏感肌化粧品でありながら美白ができるスキンケアとして人気ナンバーワン!の美白化粧品です。

 

ディセンシアサエルについて詳しく解説した記事はこちらです!合わせてご覧ください。

ディセンシアサエルは敏感肌におすすめの美白化粧品

 

 

 

シミを消す美白化粧品

関連ページ

老人性色素斑を消す
老人性色素斑と呼ばれるシミは紫外線を浴びたことによってできるメラニンが原因で、老人性とよばれていますが年齢はあまり関係なくできるお肌のシミです。
肝斑を消す
肝斑というシミは、ホルモンバランスの乱れによってできやすいシミです。生理中や生理前、出産後など女性ホルモンが乱れやすいときにできてしまう傾向があります。
花弁状色素斑を消す
シミの形が花弁のようにも見えるので花弁状色素斑とよばれます。色白の人が海などで肩や背中に強烈な紫外線を浴びて日焼けするとできてしまうシミです。