老人性色素斑 シミを消す

MENU

老人性シミを消す方法

老人性シミ

 

老人性シミを消す方法はお肌のメラニンを無色化(漂白作用)する方法と、ターンオーバーを促しながらメラニンの生成を抑えて徐々にシミを消す方法があります。

 

老人性シミを消すのに適した美白成分を上手に使って顔のシミを消してしまいましょう!

 

 

 

ここでは、美白成分によるスキンケアの方法を紹介していきますが、すぐに老人性色素斑のシミを消したい!という方は、レーザー治療をおすすめします。

 

◎例えばQスイッチルビーレーザーで5,000円〜!
顔全体のシミを取るフォトシルクプラスなら頬全体+鼻のシミ取りで40,000円〜
他にも肝斑治療もできるの新治療法レーザートーニング「メドライトC6」もあり!

 

◎頑固な濃いしみにはシミ取りレーザですぐに消す!

 

 

老人性色素斑のシミとは?

老人性シミ(老人性色素斑)は若いころから浴び続けてきた紫外線の量が多いほどできやすいシミで、長年蓄積されてきたお肌への紫外線を浴びた量や期間によってシミのできやすさやシミの数が多くなります。日光性色素斑日光性黒子とも呼ばれます。

 

老人性色素斑

 

老人性という名前がついていますが、早い人で30代でシミができる場合があります。

 

紫外線を浴びた量や体質でシミができやすくなると言われているので年齢はあまり関係がありません。

 

 

老人性シミを消す美白有効成分

老人性色素斑のシミを消すためには、できてしまったシミは角質に沈着した黒色メラニンを排出を促す方法と、メラニン自体を白くする(還元作用で元の白い(無色)の状態に戻す)成分によってケアする方法があります。

 

 

角質に沈着した黒色メラニンを排出する方法と有効な成分

角質に沈着したメラニン色素は、お肌のターンオーバーによって古い角質ごとはがしてシミを消す方法です。

 

主にピーリングを用いますが、レチノールという成分もターンオーバーをうながすことで注目されています。

 

年齢が若いころはターンオーバーが活発で、メラニンができてしまっても沈着する前にどんどん新しい皮膚が作られるのでシミになって残りにくかったのですが、30代・40代と年齢を重ねるごとにターンオーバーが乱れたり滞ったりして角質にたまったメラニンをうまく排出できなくなってきます。

 

年齢肌にはやや刺激がありますが、ピーリングによって強制的にターンオーバーをさせたり、ターンオーバーを促すレチノール配合のスキンケア化粧品を合わせて使う方法もあります。

 

メラニンを還元作用で元の白い(無色)の状態に戻して老人性のシミを消す方法と美白成分

シミになっている皮膚の黒いメラニン色素を白くする還元作用のある成分

  • ハイドロキノン
  • ビタミンC

がシミ対策の美白化粧品に有効でよく使われています。

 

特にシミを消す効果が高いと言われているのがハイドロキノンで「お肌の漂白剤」と呼ばれることもあるくらい効果の高い美白成分です。

 

 

ビタミンCにも同様の効果があります。

 

ビタミンCはハイドロキノンほど還元作用は強くはありませんが、メラニンの生成を抑制する働きやコラーゲン・エラスチンの生成を促すエイジングケアの効果もあるとても優秀な美白美容成分です。

 

今あるシミに直接アプローチして1日も早く薄くしていきたいのであれば、ハイドロキノンとビタミンCの配合された美白化粧品でケアすることが近道です。

 

 

老人性シミの対策におすすめの美白化粧品

老人性のシミを消すために有効な美白成分はハイドロキノンとビタミンCということをご説明しました。

 

そこで、これらの美白成分を配合した老人性色素斑のシミ対策におすすめの美白化粧品を厳選して紹介いたします。

 

ハイドロキノンとビタミンCの浸透力がピカイチのビーグレンの美白化粧品

 

ビーグレンは今あるシミがとても目立ってしまう方やシミの数が多くてメイクで隠すのが大変な方のおすすめの美白化粧品です。

 

 

ハイドロキノンはシミを消すために化粧品に配合できる最強の美白成分です。

 

まずはトライアルセットでそのスキンケア効果を確かめてみてください。

 

ハイドロキノン配合なら本格的にスキンケアでのシミ対策が可能です!

 

今あるシミが薄くなって目立たなくなるまで使いたい!と期間を決めて限定的にハイドロキノン配合の美白化粧品を使ってみるという方法も有りです。

 

ビーグレンのホワイトケアセット

 

◎送料無料!全部使い切っても返品OKだからじっくり試せます!

ビーグレンの美白トライアルセットの購入はこちら!

 

 

老人性シミを消す方法まとめ

老人性のシミを消す方法まとめ

老人性色素斑のシミはターンオーバーによるメラニンの排出と、ハイドロキノンやビタミンCを使った積極的なシミへのアプローチによる美白ケアが大切ですが、まだ肌の奥に隠れている隠れジミやシミ予備軍と呼ばれている小さなメラニン色素を事前にケアして同時に予防することも大切です。

 

これからできるシミを減らすことでより早くシミのないきれいな肌になることができます。

 

 

そして、新たなメラニンを作らないように、これまで以上にUV対策をきっちり行うことも大変重要です。

 

ちょっとした外出でも日焼け止め効果のあるUV下地やファンデーションを使用したり、日傘や長袖で直接日光を浴びないこともとても大切なシミ予防につながります。

 

 

紫外線を避けながら美白ケアを行うことが最も効果的な老人性色素斑のシミをを作らない方法です。

 

 

シミを消す美白化粧品

関連ページ

肝斑を消す
肝斑というシミは、ホルモンバランスの乱れによってできやすいシミです。生理中や生理前、出産後など女性ホルモンが乱れやすいときにできてしまう傾向があります。
炎症性色素沈着を消す
炎症性色素沈着のシミは外部刺激からの炎症が原因のシミでニキビ跡やキズ、虫刺されの跡などの刺激がメラノサイトを刺激してメラニンが作られます。
花弁状色素斑を消す
シミの形が花弁のようにも見えるので花弁状色素斑とよばれます。色白の人が海などで肩や背中に強烈な紫外線を浴びて日焼けするとできてしまうシミです。